日本氷上スポーツ学会第2回研究大会(オンライン開催)

開催要項(オンライン開催)

抄録集ダウンロードはこちらから》第二回研究大会:WEB研究発表大会 抄録集

1.趣旨

2回研究大会では、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためオンラインでの開催とし、一般報告やフォーラムなどを通して氷上スポーツの現状と課題について共有を図るとともに、スポーツが社会にできる貢献と活動のあり方を展望します。
研究者に限らず、氷上スポーツのさらなる発展に関心のある学生や指導者、競技団体、行政、産業界など、種目・専門・立場の異なる多様な方々の参会を望んでおります。

2.主催
日本氷上スポーツ学会

3.日時
2020年6月28日(日)10:00 ~ 2020年7月5日(日)10:00

4.参加費
学会会員:無料
一般非会員:1000円
研究大会ホームページよりお申込みされた方に、IDとパスワードをお送りいたします。

=======================
金融機関:ゆうちょ銀行
支  店:一三八支店(138)
預金種別:普通預金
口座番号:2158925
口座名義:ニホンヒョウジョウスポツガッカイ
=======================

5.研究大会ホームページ
https://2020.jasiss.jp/

6.お問い合わせ
電子メールにて以下へお願いします。

日本氷上スポーツ学会第2回研究大会実行委員会 2020@jasiss.jp

7.プログラム
◆一般発表
・ポスターPDF形式による発表
◆フォーラム
・動画による配信
新型コロナウイルス感染症と氷上アスリート

ファシリテーター:荒井弘和(法政大学 文学部心理学科)
登壇者:友野一希(フィギュアスケート) / 鈴木世奈(アイスホッケー女子)

「冬季競技の用具に関する特性」

フィギュアスケート(武田理 筑波大学スポーツR&Dコア)
スピードスケート(伊藤潤二 山梨学院大学スケート部監督)
スケルトン(進藤亮祐 日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟スケルトン強化部部長代行)

第2回研究大会への参加申込はこちらから

参加申込はこちらから =締め切りました。=

 

Web一般発表の実施について

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、日本氷上スポーツ学会第2回研究大会をオンライン形式で実施いたします。
つきましては、一般発表をオンライン上のポスター発表で実施いたします。
本学会の一般発表の取り扱いに関しまして、抄録原稿(
500文字以内)とポスター原稿の双方を実施することで、成立するものといたします。

【手順1】 抄録原稿と顔写真の提出

提出期限:202065日(金)

提出方法:日本氷上スポーツ学会の専用フォーム(参加申込者に自動返信メールにて通知)から提出してください。

書式

  • 演題(必要に応じて副題)を記載してください。
  • 研究者は、氏名(所属)で記載してください。  例)氷上太郎(日本氷上スポーツ大学)
  • 総文字数全角500文字以内で入力してください。
  • 改行後の空白も文字数に含まれます。
  • 原稿は文字(テキスト)のみとし、図表や写真等を含めることはできません。
  • 肩文字、斜字体などの修飾文字は使用できません。
  • 句読点は「、」「。」を使用してください。

顔写真

  • 研究大会HPや研究大会抄録などに掲載予定のため、高解像度のものをご用意ください。

発表者手順1stステップ:抄録原稿・顔写真など投稿はこちらから

1stステップ:抄録・顔写真投稿はこちらから =締め切りました=

【手順2】 ポスターの提出

提出期間:202068日(月)~ 2020619日(金)

提出方法:日本氷上スポーツ学会の専用フォーム(参加申込者に自動返信メールにて通知)から提出してください。

書式

  • 通常のポスター発表の規定サイズ(89cm×145cm以内 1枚 または A4サイズ10ページまでのスライド)で作成してください。
  • ポスター・スライドの容量は10MB以内に収まるようにしてください。
  • ポスター・スライドはPDF形式で保存して提出してください。

発表者手順2ndステップ:ポスターデータ投稿はこちらから

2ndステップ:ポスター・複数ページPDFデータ投稿 =締め切りました=

備考

  • web発表での質疑応答は、メールを用いて質問者と発表者が直接やり取りを行います。

抄録集ダウンロードはこちらから》第二回研究大会:WEB研究発表大会 抄録集

お気軽にお問い合わせください。お問い合わせフォーム受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ